斉藤特殊金網株式会社    斉藤特殊金網株式会社   サイトマップ  
HOME 会社案内 金網の材料 測り方 製造過程 表面処理 二次加工品 現場施工例
 
 
   
   
製品紹介 織金網   組金網(クリンプ)   溶接金網   スパイラル金網   その他の金網  
 
   
   
 
  金網の材料
 
     
金網の中には、打抜金網(パンチングメタル)やエキスパンドメタルのように板材から作られるものもありますが、ここでは線材から作られる金網に使われる主な材料をご紹介いたします。
 
 
ステンレス鋼線
 
 
ステンレス鋼とは鉄を主成分とし、これに約12%以上のクロム(Cr)を含み、さらに必要に応じてニッケル(Ni)やモリブデン(Mo)などの元素が配合された合金鋼です。耐食性・耐熱性に優れた特性をそなえていますが、使用環境によっては錆が発生することもあります。元素の配合により多くの種類がありますが、代表的な鋼種は次のようなものです。

SUS304   約18%のクロムと8%のニッケルを含有し、様々な分野で使用される最も一般的なステンレスです。
SUS316 クロム・ニッケルに加えモリブデンが配合されており、SUS304に比べ耐食性があり食品・化学工業などで多く使用されます。
SUS316L SUS316の低炭素鋼で、耐粒界腐食性をもたせたものです。
SUS310S クロム・ニッケルともSUS304より含有量が多く、優れた耐熱性・耐食性をもち、熱処理用など耐熱鋼として使われます。
 
 
鉄線
 
 
JIS規格の軟鋼線材または鉄線に分類されるもので、網の種類や仕様によって適したものが使用されます。
 
 
硬鋼線
 
 
高い耐磨耗性を有するので、各種組網(クリンプ金網等)に加工して選鉱用振動篩などに使用されます。
 
 
亜鉛めっき鉄線
 
 
軟鋼線材に亜鉛めっきを行なったもので、ある程度の期間錆を防止し、安価なため一般的に広く使用されます。亜鉛の付着量や硬さで規格が分かれています。
 
 
その他の材料
 
 
アルミニウム・銅・真鍮・燐青銅・モネル・ニッケル・インコネル・ハステロイ・チタン・亜鉛アルミ合金めっき・ビニール被覆・非金属(ポリエステル・ナイロン等)
etc.
PAGE TOP
 
 
 
 
   
   
 
Copyright (C) SAITO TOKUSHU KANAAMI. All Rights Reserved.